58|伊藤野枝『野枝の手紙』

すこし甘えたくなったから、また手紙を書きたいの

野枝の手紙
  • 出荷可能
  • 事前予約受付中1

野枝の話し声が聞こえる

「新しい女」「恋愛の天才」「野狐さん」と散々に評される伊藤野枝。28年の生涯に、三度結婚し、七子をもうけ、雑誌を編み、みずからも論じ翻訳して全集四巻の文章をのこした。三十路の物憂さ、大杉家の長男の嫁としての気配りなど、その私信からはいきいきした野枝の話し声が聞こえる。

著  者

 伊藤野枝

 

編  集

 大杉豊

 

読 者 対 象

 

仕  様

 四六判(190 × 129ミリ)192頁

ISBN|Cコード

 978-4-907511-61-6|C0095

 

用  紙

  

製  造

  

初  版

 2000部|2018年3月下旬予定


目  次

Ⅰ 残された手紙

    『青鞜』から「恋の往復」へ

    獄中見舞と同志・身内へ

Ⅱ 著作にあらわれた手紙

    恋愛事件の顛末――伊藤野枝「動揺」から

    実感のセンチメンタリズム――大杉栄「死灰の中から」より

    『青鞜』の譲渡劇――平塚らいてう「『青鞜』と私」から

    辻潤との別れ――伊藤野枝「この頃の妾」

  新時代の子の為に(アンケート回答)

  伊藤野枝年譜

  解説(大杉豊)

著者略歴

伊藤野枝〈いとう・のえ〉1895(明治28)年、福岡県今宿村(現・福岡市)に生まれる。東京の叔父に懇願して上野高女に編入学、卒業。親の決めた結婚を嫌って、婚家から九日目に出奔。上京し、女学校のときの教師・辻潤の胸に飛び込んで同棲。女性文芸誌『青鞜』の編集を担い、貞操・売春・堕胎など女性解放への論陣を張る。辻と離別後、大杉栄と結ばれ、神近市子との三角関係から葉山・日蔭茶屋事件が起こる。大杉の目指す社会変革の運動を支援し、『労働運動』など機関誌刊行や同志連携の活動に従事。女性の社会主義団体・赤瀾会では顧問として活動した。この間、辻との間に二人、大杉との間に五人の子を出産。また、創作、評論、翻訳などの著作を数多く発表し、後に『伊藤野枝全集』全四巻に収められる。1923年、関東大震災の混乱のなか、東京憲兵隊の甘粕大尉らに拘引され、大杉栄と六歳の甥・橘宗一とともに虐殺された。28歳だった。

『野枝の手紙』取扱店

  • 『野枝の手紙』納品先を、電話番号順で一覧にしました
  • 上記掲載店にかぎらず、全国の書店でお求めいただけます
  • 納品数は、「★」ひとつが2〜3冊の目安です
  • 「★★★」の店は、7冊以上を納品しましたので、品切のおそれが少ないと思われます
  • 納品20冊を超える協力店は、「特★★★」と示しました

合同会社土曜社 150-0033 渋谷区猿楽町11-20-301

t. 050-3633-1367 f. 03-6369-3339 tsuyoshi.toyota [at] doyosha.com