56|『大杉栄書簡集』

ある無政府主義者の手紙

大杉栄書簡集
  • 出荷可能
  • 事前予約受付中1

僕の家へ手紙を出すなら、その中には僕のことはいっさい書かないように

38年間の生涯で大杉栄が遺した書簡のほぼ全て、188通を収録。『獄中記』『自叙伝』『日本脱出記』の三部作をつなぎ補完する、無政府主義の巨魁と恐れられた男の人生の真実。

- 書  名:大杉栄書簡集

- 著  者:大杉栄

- 編  者:大杉豊

- 装  画:望月桂

- 装  丁:豊田卓

- 仕  様:四六判(190 × 129 × 17ミリ)|288頁

- 図書番号:978-4-907511-59-3

- 初  版:2018年11月17日

- 定  価:1,850円+税

目  次

Ⅰ 獄中消息

Ⅱ 『近代思想』と自由恋愛

Ⅲ 労働運動へ

Ⅳ 日本脱出

解説(大杉豊)

編 者 略 歴

大杉豊〈おおすぎ・ゆたか〉1939年、横浜市生まれ。大杉栄が殺された当日に訪ねた弟が父。そこで生まれた。東京都立大学社会学科卒。東京放送(TBS)入社、調査・営業・編成部門を経て定年退職。東放学園専門学校・常磐大学国際学部講師。編著書に『日録・大杉栄伝』(社会評論社)。

本 書 よ り

あえてエンゲルスを気取る訳でもないが、年三十に到るまでには必ず十ヵ国をもって吃ってみたい希望だ。それまでにはまだ一度や二度の勉強の機会があるだろう。

堀保子宛・1908年12月19日

 

まず出版をやってみたい。これは足下もかねて望んでいるところだ。しかし、僕はこれを商売としてよりは、むしろ社会教育の一事業としてごく堅く真面目にやりたい。あるいはその方がかえって商売になるかも知れん。

堀保子宛・1910年1月25日

 

用事はすべて僕にまかしてくれ。僕ならば、いくら君から我儘を言ってきても、もとより少しも恐れはしない。できんことはほうっておく。できることはできるだけやる。

坂本清馬宛・1914年4月14日

 

逢いたい。行きたい。僕の、この燃えるような熱情を、あなたに浴せかけたい。そしてまた、あなたの熱情の中にも溶けてみたい。僕はもう、本当に、あなたに占領されてしまったのだ。

伊藤野枝宛・1916年5月1日

 

金のことだってそうだ。そんなつまらない遠慮をされていてはいやだ。いつも言うように、僕は決して、自分でいやな無理はしない。

伊藤野枝宛・1916年6月25日

 

アナナス、バナナ、僕はこんなにうまい果物をこんなにうんと毎日食っただけでも、こんどの旅行は十分に値打ちがあると思っている。

伊藤野枝ほか諸兄宛・1923年1月

 

それから君に言うのをすっかり忘れていたが、僕の家へ手紙を出すなら、その中には僕のことはいっさい書かないように。開封される恐れどころじゃない、必ずされるにきまっているのだから。

林倭衛宛・1923年3月

『大杉栄書簡集』取扱店

  • 『大杉栄書簡集』納品先を、電話番号順で一覧にしました
  • 上記掲載店にかぎらず、全国の書店でお求めいただけます
  • 納品数は、「★」ひとつが2〜3冊の目安です
  • 「★★★」の店は、7冊以上を納品しましたので、品切のおそれが少ないと思われます
  • 納品20冊を超える協力店は、「特★★★」と示しました

合同会社土曜社 150-0033 渋谷区猿楽町11-20-301

t. 050-5359-4378 f. 03-5539-3667 tsuyoshi.toyota [at] doyosha.com