土曜文庫

55|『養生訓』

養生の術を行い、六十以上の寿域に登るべし

養生訓
  • 出荷可能
  • 事前予約受付中1

接シテ泄(もら)サズ

筑前福岡藩の儒者・貝原益軒が、和漢の古典をひもとき、自身84歳の見聞を加味して日常万般の健康法を説く。1713年の初版以来、日本人が愛読してやまない江戸中期の名著。「精気をばもらさずして、ただしばしば交接すべし」(接シテ泄サズ)の金言は、あまりにも有名。

著  者

 貝原益軒

 

校  註

 貝原守一

 

読 者 対 象

 日本の老若男女|医師・学生

 

仕  様

 文庫判(148 × 105ミリ)192頁

ISBN|Cコード

 978-4-907511-58-6|C0147

 

用  紙

  

製  造

  

初  版

 2000部|2018年8月下旬予定


目 次

養生訓校註の序(貝原守一)

巻第一 総論上

巻第二 総論下

巻第三 飲食上

巻第四 飲食下

    飲酒

    飲茶(附煙草)

    色慾を慎む

巻第五 五官

    二便

    洗浴

巻第六 病を慎む

    医を択ぶ

巻第七 薬を用う

巻第八 老を養う

    幼を育う

    鍼

    灸法

養生訓の後記(貝原益軒)

著 者 略 歴

貝原益軒 〈かいばら・えきけん〉 江戸前・中期の儒者。1630年11月14日、筑前福岡に生まれる。名は篤信。別号に損軒。薬学を学び、朱子学を奉じた。1714年8月27日歿す。享年85。著書に『黒田家譜』『筑前国続風土記』『大和本草』『慎思録』『大疑録』など。最も読まれた『養生訓』は、最晩年84歳の作である。

 

貝原守一 〈かいばら・もりかず〉 医学博士。九州帝国大学助教授。1911年10月30日、大牟田に生まれる。1944年12月24日、陸軍技師としてインドネシア・バンドン防疫研究所へ空路赴任途上、フィリピン・リンガエン付近で敵機の攻撃を受け戦死。享年33。著書に『細菌の歴史』。

『養生訓』取扱店

  • 『養生訓』納品先を、電話番号順で一覧にしました
  • 上記掲載店にかぎらず、全国の書店でお求めいただけます
  • 納品数は、「★」ひとつが2〜3冊の目安です
  • 「★★★」の店は、7冊以上を納品しましたので、品切のおそれが少ないと思われます
  • 納品20冊を超える協力店は、「特★★★」と示しました

合同会社土曜社 150-0033 渋谷区猿楽町11-20-301

t. 050-3633-1367 f. 03-6369-3339 tsuyoshi.toyota [at] doyosha.com