51|坂口安吾『安吾史譚』

安吾独自の歴史講釈

安吾史譚
  • 出荷可能
  • 事前予約受付中1

すべてが慟哭したいのだ。一生の全てが。

窮すれば誰しもミジメになるもので、それは見てやらぬ方がよい――。人麿、道鏡、頼朝、小西行長、直江兼続、天草四郎、勝夢酔。七人の日本男子を安吾独自の人間理解で談ずる。歴史の面白さに心弾む傑作講釈。1952年作品。

著  者

 坂口安吾

 

読 者 対 象

 安吾愛読者|歴史小説愛好家

 

仕  様

 文庫判(148 × 105 × 5.8ミリ)|160頁|凸版明朝9ポ

 

ISBN|Cコード

 978-4-907511-53-1|C0193

用  紙

 本文:日本製紙ハイランド54.2g/m|表紙:三菱ダイヤバルキー145.5g/m

 

製  造

 竹尾|日本ハイコム|加藤製本

 

初  版

 2017年9月30日|2000部予定


目  次

天草四郎

道鏡童子

柿本人麿

直江山城守

勝夢酔

小西行長

源頼朝

僕は今書いている歴史小説に、かなり多く「講談」から学んだ技法をとりいれている

坂口安吾(小説家)

 

世上には何ら発見も解釈もない歴史文学が多すぎる。坂口が講釈にも新工夫をこらし、絶えず発見や解釈をすすめていたのは、やはり彼の心構えのかんばせを伝えるものである

大井廣介(文芸評論家)

『安吾史譚』取扱店

  • 『安吾史譚』納品予定先を、電話番号順で一覧にしました
  • 上記掲載店にかぎらず、全国の書店でお求めいただけます
  • 納品数は、「★」ひとつが2〜3冊の目安です
  • 「★★★」の店は、とくに品切れのおそれが少ないと思われます

アマゾンはこちら

合同会社土曜社 150-0033 渋谷区猿楽町11-20-301

t. 050-3633-1367 f. 03-6369-3339 tsuyoshi.toyota [at] doyosha.com