新政府総理大臣・坂口恭平,3年ぶりの新録アルバム

2015年5月7日

プレスリリース

合同会社土曜社

 

新政府総理大臣・坂口恭平,3年ぶりの新録アルバム

 

 合同会社土曜社(東京・渋谷)は5月20日,新政府総理大臣・坂口恭平(37)の3年ぶりの新録アルバムを出版いたします。

 わずか3万円で建築可能なモバイルハウスの開発から,家賃不要の0円生活圏,さらには自殺者ゼロをめざす新政府まで,坂口恭平の行動を支えているのが「生き延びるための歌」としての音楽です。

 彼の音楽は,ファーストアルバム『Practice for a Revolution』(ゼロセンター/土曜社,2012年8月)が累計3000部に達し,一夜限りのリサイタルで729席のホールを鈴なりにするなど(渋谷さくらホール,2012年8月4日),熱心なファンを獲得しています。

 本アルバムは,建築・思想を収める出版物として,既存のレコード会社ではなく,あえて出版社が世に出し,書店で発売します。

 また,収録曲には,前作で評判を呼んだ大杉栄《魔子よ魔子よ》に続く近代詩人,北原白秋,立原道造,室生犀星を収めるなど,発展読書につながる内容となっています。

 さらに,作家本人による解題「新しい花という小さな宴」,妻の坂口涼子さんの初作文「台所から愛を込めて」も収め、ジャケットは冒険家・石川直樹さんの撮りおろしです。

以上

 

書   名:新しい花

歌とギター:坂口恭平

写   真:石川直樹

作   文:坂口恭平「新しい花という小さな宴」

      坂口涼子「台所から愛を込めて」 

収 録 曲:(記載ないかぎり,作詞・作曲=坂口恭平)

①春の亡霊 ②あばらの月 ③プラム ④雨の椅子 ⑤幻魚 ⑥三月(詩:室生犀星) ⑦草に寝て(詩:立原道造) ⑧掌(詩:北原白秋) ⑨白夜 ⑩霧 ⑪西港

 

全11曲(44分26秒)CD 2015年5月20日発売予定

ISBN978-4-907511-19-7 予価1500円+税

プレスリリース
150507『新しい花』プレスリリース.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB