2013年

1月

16日

世界のニュースサイト・ベスト5

おはようございます。

 

 

さて、12月16日に、リアル・クリア・ワールド(RealClearWorld)による毎年恒例の「世界のニュースサイト・ベスト5」が発表されました。

2012年のベスト・ニュースサイトの栄冠に輝いたのは、米フォーリン・アフェアーズ(Foreign Affairs)でした。

伝統ある英エコノミスト(The Economist)、さらに独シュピーゲル(Der Spiegel)および米ニューリパブリック(The New Republic)を抑えて、堂々の2位に選ばれたのが、

 

チェコに本拠をおく国際言論団プロジェクト・シンジケート(Project Syndicate)です。

150カ国・480余りの報道機関をつなぐ国際言論団プロジェクト・シンジケートの意義について、ノーベル経済学受賞者の J・スティグリッツ教授は、こう述べています。

 

「いかなる時代にもましてグローバルな政治・経済の動きを踏まえることが求められるこんにち、プロジェクト・シンジケートの活動はいっそう際立つ」(ジョセフ・E・スティグリッツ)


 「世界のベストニュースサイト 2012」
 1位 フォーリン・アフェアーズ(Foreign Affairs)
 2位 プロジェクト・シンジケート(Project Syndicate)
 3位 エコノミスト(The Economist)
 4位 シュピーゲル(Der Spiegel)
 5位 ニュー・リパブリック(The New Republic)

※リアル・クリア・ワールド発表

 

プロジェクト・シンジケートが1月4日に発表した論文集は、安倍晋三首相による英字論文「セキュリティダイヤモンド構想」を含み、すでに一部で話題になりはじめています。

 

日本語版もアツアツのうちにお届けすべく、がんばっています。