2012年

12月

31日

勢いが余っています

おはようございます。

大晦日に一人、代官山に残っています。

 

何をするわけでもなく、プラハから近日届くはずの新刊『世界は、考える(仮)』の原稿を待っているような次第です。

 

原稿を待つことは、元より覚悟のうえでした。

 

24人の執筆陣は、東京やニューヨーク、パリ、ロンドン、ボストン、ジャカルタなど各地を動き回っているでしょうし、何より西洋では長いクリスマス休暇もあるでしょうから、腰を据えて待つしかないという心境です。

 

トルコやコロンビアの国家元首、あるいは新内閣を発足したばかりの日本の首相に、政務はともかく〆切どおりに原稿を、とせきたてるわけにもいかないでしょうし……。

 

翻訳に当たる野中邦子さんも案じてくれていますが、はっきりした日時を答えられないのが苦しいところです。

 

ただ、自分は自分の構えで物事を進めていくしかないのでしょう。

 

待ちくたびれて勢いを失ってしまうことのないように、できるところから宣伝と制作を始めています。

 

 

勢いが余って、昨日の午後、新しくウェブ上の署名運動をはじめました。

その名も「花粉症のない日本を」です。

 

いかんせん、誰に相談することもなく、パジャマのまま髭ものばし放題で、思い立って4時間後に始まっていた運動です。なにぶん男の一人暮らし風の空気が隠しきれていないかと。

 

早く自分の手を離れて、景色のいい運動になってほしいと願うばかりです。

いろいろとツッコミを入れていただければ幸いです。