2012年

12月

14日

日本から政・官の大物2名が執筆

おはようございます。

今朝は未明の6時から、事務用のハサミを持ち出して、合宿中の弟の頭を散髪しました。

 

弟の頭は寝ぐせがあるうえに、自分の頭も少し寝ぼけているような具合で、仕上がりが危ぶまれましたが、弟はそのあと元気よくスターバックスに出かけましたから、恐らく満足をしているのでしょう。

 

さて、先日契約書が届いたことを速報した「プロジェクトシンジケート叢書2」の準備を進めています。

 

プラハのプロジェクトシンジケート本部では、すべて執筆依頼を終え、24名の名前が出そろいました。

 

公開になれば、ただちにお知らせしたいと思います。

 

ちょっと先行してお伝えしますと、前作『混乱の本質』と同じく、国際機関や各国の政策担当者、研究者のほかに、おもしろいところでは某国の元首、産油国のプリンス、フォーブス長者番付の大富豪など、前作にもまして、目をみはるばかりの豪華な面々となっています。

 

われらが日本からも、政・官の大物2名が執筆を担当するもよう。

 

また近日続報したいと思います。