2012年

9月

09日

「ラトビア夜市」盛況御礼

おはようございます。
昨夜は、ラトビア夜市でした。

 

来場者数をカウントする余裕もなく、ドタバタの3時間がすぎていきましたが、おかげさまで、にぎやかで楽しい夜祭りになりました。

 

ご来場いただいた方には、やはりドタバタしてしまい、ろくに挨拶することもできませんでした。

 

この場をかりて、御礼申しあげます。

 


とんでもない掘り出しものもありました。


さりげなく出されたラルフ ローレンのコレクションラインのドレスやジャケットが、ぜんぶ千円で、かつ未使用とおぼしき状態なのには、我が目を疑いました。

 

ご愛嬌で買ってくれた方や、今後の縁をむすぶような交易もあったようです。

かわいい絵描きさんも、いましたね。


ドリンクは、172杯が出ました。
一人一杯でカウントすれば、170名ほどの来場があったと見ることもできそうです。


一夜かぎりとうたった夜市でしたが、会場を提供くださった athalie の平山寛子オーナーからは、「よいイベント」だったとお褒めをいただいています。

 

今後なにか企画することもありそうですので、そのときはぜひ、また愉快な時間をごいっしょさせてください。

 


さて、楽しかった「ラトビアウィーク」も今週でフィナーレです。
 

最終日の9/13(木)19:00-21:00は、メイン会場の athalie で「ラトビア音楽の夕べ」があります。

 ぜひ誘いあわせて、お越しください。

では、よい休日を。

 


ちなみに土曜社は、こんな売上でした。

売上13点・5,500円(100円値引き)

  1. 庄司薫『ぼくが猫語を話せるわけ』(中央公論社、1978年)200円
  2. 村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』(文春文庫、2010年)100円
  3. 竹熊健太郎『篦棒な人々』(河出文庫、2008年)100円
  4. 高橋康也『キャロル イン ワンダーランド』(新書館、1971年)500円 ※少女たちへの手紙
  5. 現代詩文庫 13『吉岡実詩集』(思潮社、1968年)400円
  6. iPhone 3G(8GB)500円 ※電源コードなし、箱・Apple社シール付属
  7. 読書水筒「行動拍檔」大 2980円⇒2000円
  8. 『Another Travel Guide Riga』(ATGR、2010年)500円
  9. アレサ・フランクリン「シンク/ユー・センド・ミー」200円
  10. かまやつひろし「我が良き友よ/ゴロワーズを吸ったことがあるかい」200円
  11. ザ・ラヴィン・スプーンフル「サマー・イン・ザ・シティ/ブッチーズ・チューン」300円
  12. ポール・デスモンド「テイク・テン/黒いオルフェのテーマ」100円
  13. ヤードバーズ「フォー・ユア・ラヴ/ゴット・トゥ・ハリー」500円

 

表参道・骨董通りathalieで、ラトビア夜市を開催。アップルストア世界第一号店を八木保氏と共同担当した建築家・植木莞爾さんが、若き日に設計したファサードをかりて。
表参道・骨董通りathalieで、ラトビア夜市を開催。アップルストア世界第一号店を八木保氏と共同担当した建築家・植木莞爾さんが、若き日に設計したファサードをかりて。