2011年

11月

17日

眼の男、大杉栄 声の男、大杉栄

おはようございます。

 

 

さて、本の朗読者を探しています。

 

  • 内 容:大杉栄の著作を朗読・録音し、オーディオブックとして発売します。
  • 対 象:38歳までの男性(大杉栄が生きた年齢です)。

 

詳細は、「スカウト|人材募集」ページにございます。

 

 

大杉栄の声ということで、女性の方は今回応募いただけません。

いい声の男性にぜひ、「応募してみなさいよ」と水を向けていただければ幸いです(男は自薦が苦手だったりしますから)。

 

 

「眼の男」といわれた大杉栄には、残念ながら、肉声の記録が残っていません。

 

パリのサン・ドニ街でおこなった激しい演説も、日比谷公園で検束されながら「おれは大杉だ!」と叫んだ声も想像するほかないわけです。

 

大杉栄の生まれが1885年で、その8年前、1877年にトーマス・エジソンによって円柱形アナログレコードが発明されていますから、録音の機会のなかったことが本当におしまれます。

 

1970年の映画「エロス+虐殺」(吉田喜重監督)では、29歳の細川俊之が大杉栄を演じました。

 

今回の募集は、大杉栄に声をあたえる、細川俊之以来のこころみになります。

声に覚えのある男性諸兄の応募をお待ちしています。