2011年

4月

09日

『日本脱出記』全国105の書店で、スロウに発売

土曜日の昼下がり。

東京では雨も降りはじめ、春の読書をスロウに楽しむにはもってこいの日和です。

 

 

さて、『日本脱出記』は昨日、JRC(人文・社会科学書流通センター)を経由して、取次各社に搬入しました。

 

早い書店では、昨日から店頭に並んでいます。

 

ここで、少し感慨をこめて、発売までのいきさつを振り返ることをお許しください。

 

  • 先月3/26に「放文社 NHK店」で初受注。それまで1冊の受注もなかったこと。
  • 3/11の大地震で印刷・製本にとりかかることができず、やむをえず、発売を延期したこと。
  • 急遽会談を申し入れたJRCの後藤社長に3/31、新規取引を即日決定いただいたこと。
  • 翌日の4/1、JRC朝礼で同社スタッフの方々に、『日本脱出記』のセールスポイントを説明したこと。

 

同社スタッフの方々は、その日からすごいスピードで全国の書店から注文を集めてくれました。感謝するばかりです。

 

そして、『日本脱出記』はあす4/10(日)、全国105の書店で発売日を迎えます。

 

極端に走りつつ、どこか愛敬も感じさせる仕上がりになっています。

手元に置いておけば、いっそう愛着もわいてくる小さな一冊です。

 

『日本脱出記』取り扱い書店一覧を参考に、ぜひ書店で手に取ってみていただければ幸いです。