2011年

3月

12日

土曜社版『日本脱出記』制作快調!

東京でも余震が続いています。

 

 

さて、4月1日発売の『日本脱出記』制作が快調です。

 

ここ数日で、制作は、入稿から色校確認まで進み、あとは、印刷所に校正を戻せば、いよいよ印刷と製本の工程にはいります。

 

 

2/19(土) デザイナーと合宿

2/20(日) デザイナーと合宿

3/4(金) 束見本出来

3/5(土) 本文、ジャケット、扉を印刷所に入稿

3/9(水) 色校確認

3/11(金) 初版部数決定・発注

 

 

整理するとこれだけのことなのに、関わっているスタッフをまきこんで、結局、ぎりぎりまでもつれこみました。

 

 

原因は明白。 

自分がいろいろ注文を出すせいなんです。

 

 

でも、

 

「ふだん「ガオガオ」言っているからこそ、またベロベロじゃれあうこともできるというものです。」(吉田正樹著『怒る企画術!』より)

 

そうなんですよ。

ガオガオしてベロベロなんですよね。

 

 

追伸、

トップページのテーマは、「桜田門」と「iPad 2」。

よろしければ、苦笑してみてください。