第6話 プライベート トップスタイリスト

 

 

 

 いま、僕は自分の美容人生の頂点にいる。

 プライベート トップスタイリストとして4年間、「口コミの紹介」や「自分が出会った人」だけしか、新規のお客さまはとっていないのだ。

 決してお高くとまっているわけではない。


 自分が提供するヘアデザインやサービス&ホスピタリティ――要するに「商品」としての自分の評価で、どれだけ「口コミ」を広げていけるのか、世の中に勝負を挑んできた。

 というか、自分自身と闘ってきたのかもしれない。

 


 プライベート トップスタイリスト――こんな呼び名は世間はもとより、美容業界でも知られていない。
 なぜなら、僕が確立した新しいポジション、しごとのスタイルだからである。

「トップスタイリストというのはわかる。でも、プライベートってなんだろう?」

 という人が多いと思うので、説明させてもらいたい。

 


 簡単に言ってしまうと、「全部自分でやる」ということだ。

 シャンプーからカット、そしてカラーをぬるのも、パーマを巻いたりも自分でおこなう。
 その間にお客さまと会話をし、最後の仕上げまでも、アシスタントに任せず、全工程を自分が担当する。
 お客さまが帰ったあとのカルテ管理も、もちろん、自分でおこなっている。

 全部自分1人で担当するとはいえ、お客さまを1分たりとも待たせるわけにはいかない。

 そこで、徹底した予約管理をおこなうことになる。

 予約を受け付ける人数も、毎日8名から10名に限定する。
 できるだけ、フロアの中に自分のお客さまが1人しかいない状況をつくる。

「1人のお客さまを最大のパフォーマンスでもてなしたい。」

 

「目の前のお客さまに完全集中したい。」

 

「僕が客だったらこんなふうにしてもらいたい。」

 そんな願いを一つずつ形にして、プライベート トップスタイリストという働き方を編み出したのだ。

 

 

2011年9月3日

第7話「ある一日」につづく

 

合同会社土曜社 150-0033 渋谷区猿楽町11-20-305

t. 050-3633-1367 f. 03-6369-3339 tsuyoshi.toyota [at] doyosha.com