第3話 ターニングポイント

 

 

 

 目の前は真っ白だった。

 

 なにが起こったのか分からなかった。

 激痛が走り、なにも見えない、なにも聞こえない。

 僕を呼ぶ声が意識の外側から聞こえる。

 

 中学3年の夏、野球練習場でのことだった。

 バッティングマシーンの前に立ち、何球もの球を打ち返していた。

 

 何球目だっただろうか。

 バットを振り切った瞬間のことだった。


 直ちに病院に運ばれ、「こりゃ、視力もどらないかもね……」と残酷な宣告を受けて僕は言葉を失った。

 

 この事故による急激な視力低下は、甲子園という夢を一瞬にして奪い去った。

 幼少時代から、片時もあきらめずに打ち込んできた野球に対する情熱、そして自信までもが低下してゆく……。


 時間を少し巻き戻し、「運命の打球」が当たる前の心境を思い出す。

 

 僕はスランプにおちいっていた。

 試合ではノーヒットが続き、もがき苦しんでいた。

 

 いつも期待され、スポットライトを浴びながら歩んできた僕にとって、この時期が「野球人生」ではじめての自信喪失だった。

 

 練習中の意識を思い出してみると、マシーンから飛んでくる一球を本気で打つこともしていなかった。

 はじめて味わうスランプに、努力を重ねずにして、完全にふて腐れていた。

 そんな僕に天罰がくだされたのだ。

 

 生半可な気持ちで挑むと、夢や希望は一瞬にして消え失せてしまうことを痛感し、なにごとに対しても手を抜いたり、ナメてかかることに恐れを覚えた。

 

 僕はなにごとにも本気で、全力で取り組むようになった。


 あのまま、なにも失うことなく、挫折や喪失を体験せず、順風満帆で甲子園に向かっていたら今の僕はここにはいない。


 人生の序盤で、このターニングポイントと呼べる体験をしたことは不運だけど幸いだった。

 今は本気でそう思える。

 

 どんなことがあっても、気持ちが上を向いていれば人は幸せへと導かれるのだ。

 

2011年8月13日

第4話「自由を手にする」につづく

写真:宥海(Junior Suite)
写真:宥海(Junior Suite)

合同会社土曜社 150-0033 渋谷区猿楽町11-20-305

t. 050-3633-1367 f. 03-6369-3339 tsuyoshi.toyota [at] doyosha.com